豚に真珠

育児 時々 音楽 と、猫

違和感の数々

コマロに感じていた違和感の数々を書き出します。

覚書的な感じで。

 

  • 暴力的

ひとつ前の記事にも書きましたが本当に暴力的。

妹に対してもそうなので、家でも外でも、ずっと監視をしてないと、いつはっ倒すか、いつ叩くか、いつ殴るか、わからないので疲れる。

上に乗っかって押し潰したり、本やブロックの角で叩いたりしていてヒく。

やめてね。痛いよ。と言っても全然きかないので、こちらもどんどん「やめろ!」とか「いてーだろ!」とか強めの言葉で大きい声を出してる事が多い。

「コマロがやられたらどう思う?」と聞くと、黙り込んでしまう。

そういう時、息子と目が合うことはほとんどない。

 

  • 色んなものを並べたがる

最初は面白いなぁと思って見ていた。

箱の中にキレイにトミカをしまったり、机の上にプラレールを並べたり。

それが上手くできなくて、キャー!と叫んで怒るのも、ことばが上手く話せなくて癇癪を起こしているものだと思っていた。

でも、息子はかなりペラペラと喋るし、癇癪を起こす事があまりにも多い。

ブドウを並べ始めたときは、あ、やばーなこいつ。と、本当に思った。

 

  • 偏食

離乳食期の頃からそうだったが本当に偏食。

食べるものは、米、ふりかけ、パン、赤飯、納豆、塩焼きの魚。

ハンバーグやからあげなど、形状が特殊なものは、食感や具材など、気に入れば食べれる。

硬かったり、大きい玉ねぎが入っていると、それだけで一口も食べれなくなる。

カレー等に野菜を細かく入れてまぜても、ひとつひとつを意識してしまい?食べられない。

パンに関してもそうで、あんこやピーナツなど、甘い物が挟まっていればより食べる。生クリームはダメ。

チーズやトマトソース等になってくると吐き出す。

野菜は野菜ジュースから摂取。

フルーツはいちごしか食べられない(が、最近ぶどうを克服)。

牛乳、ココアは飲める。

とにかく、野菜果物がほとんど食べられない。

 

偏食に関してはずっと悩んでて、1歳半検診では「そのうち食べられるようになります」と言われていた。

しかし3歳前にして未だにこれで、わたしもアレコレ試したものの、なにも効果が得られず、ただ疲れるだけなので、息子が食べられるものを探す、という行為はやめることにした。

2年以上付き合って、疲れた。

 

  • 動画の再現をする

気付いたのは今年のGW明けごろだろうか。

GWに、ハトコ達と行った公園で乗った、自転車?の動画をやたら見たがるので、よく見せていた。

しばらくしてふと、その動画のひとりひとりのセリフを丸暗記して話してる事に気付く。

動画の内容は、

ハトコちゃんのパパだけが自転車を漕いで、子たちは座っているだけ。それを応援するギャラリー(わたし、旦那、わたしの妹)の声、という感じ。

「おーい!」とか「がんばれー!」とか「誰が漕いでるの?」→「パパだよ」、とかそういう感じの会話を、丸っ切りそのまま繰り返し言っている。

最初は「なんで覚えてるんだろう、よほど気に入ったのかな…」くらいにしか考えてなかった。確かにあの日は楽しかったし、動画で何回も見たら覚えもするかと思ったので。

 

でも最近、おともだちから送られてきた動画の真似も凄くするようになってきた。

その動画の内容は、

風邪や体調不良が続き、直接会えなかったので、「治ったらまた遊ぼうね!」と言ってくれているもの。

【おともだちが手をパチパチし、「コマロちゃん、また遊ぼうね!(ママに「名前言ったら?」と言われ)◯◯だよ〜!」と言う】

ふとした瞬間に、何回も、丸々を繰り返し再現する。

 

あまりにも何回もやるので、なんか気持ち悪いなぁと思い始めたのがここ数ヶ月。

調べたら、「遅延エコラリア」というものに症状がそっくりで、「あぁ…これだわ」と実感。

 

他にも気に入った音楽番組を繰り返し見てMC部分から再現したりもする。

これは単純にその歌が好きだからかなと思って見てたけど、遅延エコラリアを知ってからは、それにしか思えなくなってしまった。

 

電車のアナウンスも再現率が高い。

電車の場合はアナウンスだけでなく、警告音や駅メロ、電車のガタンゴトンの音なども言う。

 

  • 落ち着きがない、指示が通らない、やたらフレンドリー

息子の落ち着きのなさや指示の通らなさは、息子の暴力が始まった頃から実感していたので、

何か習い事をしたら変わるのかもしれないと、リトミック教室に通い始めたのが今年の2月。

それから未だに通い続けているけれど、相変わらず落ち着きがないし、指示も通らない。

 

例えば、みんなで走りましょう!という時に歩いたり、歩きましょう!という時に走ったり。

そしてコマロくん今は止めようね、と先生に言われてもやめられない。

 

それはリトミックだけに限らず、家やお外で遊んでいる時も同じで。

おともだちや妹が泣いて嫌がっていて「嫌だって。やめてね」と言ってもやめられない。

落ち着きがないから遊び場にも連れていけない。

そのくせ、初めて会ったおともだちや、その親御さんに対してもフレンドリーにガンガン接していく。

相手が困惑していても御構い無しに絡んでいく。「やさしくね」と言っても、優しくできない。

 

ひとまず思いつくのはこのくらいかな…

また思い出したら書き出す。

息子について

かなり久しぶりのブログになってしまいました。

 

娘・コマチは無事に1歳のお誕生日を迎え、必要な予防接種も済ませてきました。

お兄ちゃんがいるからなのか、10ヶ月と少しで歩き始め、近頃はハイチェアに登るまでになりました。すごい。

 

しかし最近気になることといえば、息子・コマロのことばかり。

 

コマチを妊娠した頃、コマロが1歳3ヶ月頃の時くらいからかな。

色々通っていた遊び場で、コマロの暴力が気になり始めました。

ことばが話せないから仕方ないのかもしれないけど、

遊びたいおもちゃでおともだちが遊んでいて、それを貸してもらえなかったり

遊びたいおもちゃをおともだちがとってしまったりする時に、どうしても相手の子をおもちゃで殴ったり叩いたりすることが増えました。

でも、年齢的なものだろうと、注意をしつつも、いつかそんなことはしなくなるだろう、とずっと思っていました。

 

しかし、コマロはもうすぐ3歳。

相変わらず、叩いたり殴ったりを繰り返します。

いつもいつも、「ダメだよ。痛いよ。」と言い聞かせるように話していますが、こういう事を伝えるときはなぜか、わたしの顔を見てお話を聞けません。

理解できていないのか?なんなのか、いくら言い聞かせても、やめられないのです。

もう、かれこれ1年半以上言い聞かせているのに…

 

病院の待合キッズスペースや、公共の遊び場、プライベートで遊ぶおともだちに対して、通っているリトミック教室でも。

 

周りの子は、そんな事ないのにな…と悩み始めたのが、最初のきっかけだったかもしれません。

 

他にも、色んな「おかしいな…」と思うことがあったのですが、決定的に違和感を感じたのはつい先日のこと。

 

デザートに食べていたぶどうを、キレイに並べていたのを発見してしまったのです。

 

f:id:saladmar:20170921194159j:image

 

いままで、プラレールトミカ、つみきなど、規則正しく並べている事は度々ありました。

でも、「あー神経質な子なんだな」くらいにしか思っていませんでした。

でも、自分でむいた、ぶどうの粒を、ひとつひとつキレイにお皿に並べてるのを見て、

わたしは純粋に「えっ…気持ち悪い」と思ってしまったのです。

 

そこからずっと、モヤモヤモヤモヤしていて、

次の日には、発達相談の電話窓口に電話していました。

 

電話口で、思い当たる点をいくつか話し、

後日、面談の日取りも決めてもらいました。

その面談はまだまだ先なのですが…

 

モヤモヤがとまらなくて、不安で不安で仕方がなくて

1度違和感を覚えてしまったので、息子の行動に違和感しか感じなくなってしまい、常にかなりイライラしてしまっています。

 

あぁこれはいかんな、と吐き出し口をブログに見出している状態です。

書き出してみて、自分の心も整理できるといいな…

 

まだ、疑いの段階だけど、発達障害なんじゃないかと思ってしまう、コマロについて

これから少し書いていこうと思います。

病院巡り 続き

やる気があるうちにならないと、どんどん面倒になって後回しになる性格のわたし。

だから、やる気になった時はとことんやっていくべきだと、結婚してから気づきました。

子どもがいるから、一度面倒になってしまうと本当に後回しにして、なんならやらない事も多々なので、思い立ったが吉日。

 

時計はまだ10時過ぎ。

電車に乗って、二駅先へ。

向かうはコマチ妊娠時に通っていた婦人科。

 

なぜかというと、12月末に生理がきていて。

「今回も3ヶ月で戻ったか…」と若干へこんでいたら、1週間後また出血。

そして終わったと思ったらまた出血と、今月3回目の生理が来ていて。

ホルモンバランスが崩れているんだろうと、思いつつも何かあっても心配で、

一度診てもらっておこうと思っていたのでした。

 

本当は4ヶ月検診の日、午前中マロに子どもたちを預けて行くつもりだったのですが、子どもたちの風邪を先に診てもらいたかったので、後回しに。

そして、近くの婦人科と迷った挙句、やっぱりいつもの先生が良いなと、電車に乗って行きました。

 

待ってる人は何人かいたものの、

コマロは何度か来たことのある病院だったので、わりと落ち着いて待てました。

すぐ順番がきて、「お手紙ありがとう」(無事出産した旨の手紙を写真付きで送りました)、「どうしたの?」と聞かれたので状況を話しました。

「産後は排卵がない生理がダラダラ続く事もあるよ。母乳が出てるなら排卵はしてないと思うけどね〜」と、問診だけしたあと、

「女の子だよね?ピンクがいいかな!?」

と、ガサゴソやりだして、「どうぞーおめでとうございましたー」とプレゼントをくれました。

f:id:saladmar:20170127215453j:image

ビョルンのお食事用スタイ。

 

こないだ、600円くらいで同じタイプのお食事用スタイを買ったばっかりだったけど、こっち使うーーー!!!!

と、高まるほどに先生の優しさにニヤニヤしました。

「ありがとうございましたー。ほら、先生ばいばーい。」とコマロにバイバイを促すと「せんせい、ばいばーい!」と言っていて、それに笑顔で「ばいばーい!」としてくれる先生。かわいい。

 

一度診察室を出たあと、「やっぱり、原因が他にあったら嫌だし診察する!」と呼ばれました。

コマロが「もう先生やだ!」と怒るので、コマロは待合室で待っててもらい、わたしとコマチで診察台へ。

「大丈夫そうだね〜」

と太鼓判をおしてもらい、「大丈夫だろうから、4月にある市の無料のガン検診の時にまた来てね」と言われ、またバイバイしました。

 

お会計して帰ろうとしたら受付に先生が出て来て、またコマロと「ばいばーい!」とやりあい。

病院から出たところで慌てて追いかけて来て「ちょっと待って!」「これどうぞ。」と、コマロにラングドシャをくれました。(笑)

f:id:saladmar:20170127220315j:image

先生可愛すぎか。(笑)

 

電車に乗らないとだけど、やっぱりこの街でのかかりつけはあなたが良いです!!!と心から思いました。

 

ネットの口コミは微妙だったけど、とーーーーーっても素敵な良い先生。

 

以前、病院についての下げ口コミがあって腹が立ったので、上げ口コミを書き込んだら、わたしに続いて上げ口コミを書いてくれた人がいて、、

そうだよね、良い先生だよねえ!?!?わたしの見立ては(笑)間違ってなかったなと実感しました。

わたしや、他の人の口コミをみて、先生を好きになってくれる人が他にもいてくれたらいいな…と、上から目線ながらに思います。

同時に口コミってあまり信用できないものでもあるなあと…改めて思いました。

病院巡り

今週は病院巡りの1週間でした。

コマロの眼科(ものもらい)から始まり…

風邪で小児科に行き、

今日はコマロはしもやけ、コマチは全体的にカサカサが目立ったので皮膚科へ。

 

この街には皮膚科があまりなく、いくら検索しても良さげな病院がない…

 

どうしよう…

遠くて混んでても評判の良いところに行くべき??

いやでも2人連れてだし…

医療費は無料だし、合わなかったら病院替えればいいか…

と、いちばん近くの、やってるかやってないかわからない皮膚科に行ってみました。

 

外観は、古びたおうちみたいな感じで、ドアの前で「…やってる…!?」と思わず口に出してしまうほど笑

ほんのり電気がついてるのが見えたので、勇気を出してドアを開けてみると、中はおばあちゃんちみたいな感じでした。(おばあちゃんちとかあんまり行ったことないけど)

昔ながらの待合室!って感じ。

先客は誰もおらず、不安になりながら待ちました。

昔ながらの待合室ならではの、変なミッキーのスリッパとかがありました。

子どもの頃連れて行ってもらってた病院がこんな感じだったなあ…となんだか懐かしく。

 

しばらくして名前を呼ばれ、診察室に入ると、80〜90代くらいの、本当におじいちゃんの先生が座っていました。

か、かわいい…!

白衣を着ていたので、息子は怯み号泣。

受付からおばさんが出てきてくれて、息子の相手をしてくれました。

「先に赤ちゃんをみよう」と、服を脱がせてコマチのカサカサを触った後、

落ち着いたコマロの足のしもやけを見てもらいました。

あっという間に診察が終わり、待合室へ。

お会計を待ちながら帰る準備をしていたら、3人ほど患者さんがだだだっと入ってきて安心。

みんなご高齢な感じだったけど、それなりに信用されてる先生なんだろうなと。

また皮膚科にお世話になることがあったら、こちらにかかろうかなと思いました。近いし。

 

9時から診察で、開始時間に行って、薬をもらったところで時計を見たら、10時を少し過ぎたところでした。

まだまだ時間がある!素敵!!!!

 

その足でもう一つ病院に行こうと、駅に向かいました。

4ヶ月検診

コマチの4ヶ月検診がありました。

 

市の保健センターに出向いての検診です。

 

以前、この市でやったコマロの検診はどうだったかな…?と思い返してみたら、何回思い出しても「ベビーカーは所定の場所に置いておいてください」だったような気がして。

 

今のコマロを歩きで連れて、コマチの検診は無理だな、と判断。マロに懇願して仕事を休んでもらいました。これがスーパー英断!

 

コマロの咳と鼻が酷かったので、午前中は小児科へ。

コマチも鼻をビョンビョン出してたので念のため診せに行きました。

いつもはギャンギャン泣いて、コマチ抱っこしながらコマロも抱っこしアタフタですが、

マロがコマロを担当してくれたので、楽ー!!!

 

コマロは呼吸音がゴロゴロいってるとの事で薬をもらいました。

 

急いで帰って、急いでお昼ご飯を食べて、コマロをマロにお願いして、急いで保健センターへ。

 

受付開始12時半、ぴったりくらいに行きましたが溢れる赤ちゃん、そしてそのママ!

 

どのくらいで終わるかなー、まあ預けてきてるしいっかー。のんびりでも。

 

なんて思ってたら、終わって出てきたのは15時半でした。ひえー!

コマロ連れて行かなくてよかった…預けられてよかった…と心底思いました。

 

まず、保健師さんと事前に記入したアンケートを基に面談。

結構ストレス感じてる風に書いたのに、「お母さん楽しそうに子育てしてるわね!」なんて言われてスルー。あ、そんなもんです??笑

 

次に、服を脱がせてきれいなオムツを履かせ、体重、身長、頭囲、胸囲の測定。服を脱がせる時点でみーんなギャン泣き。コマチは落ち着いてキョロキョロ。測定も泣かず。えらい!

 

そしてそこからバスタオルにくるまれ、先生の問診。数日前からできるようになった(なってしまった)寝返りを華麗に披露。「お!お母さん何かスポーツやらせた方がいいよ!」と言われる。ここでもみんな泣いてる中、泣かず。

 

服を着せて、離乳食講座。

そして最後に絵本を2冊もらって終了。

 

たったこれだけなのに3時間!

ひとつひとつの待ち時間がハンパなくて、もうちょっと手際よくできないのかなぁ…と思ってしまいました。

コマロの4ヶ月検診は実家の方でやったけど、その時はどうだったんだろう。。覚えてないなあ。

でも、それにしたって、ひとつ行程が進むごとに待たされ、待たされで、

上の子を連れてきている人もちらほらいたけど、待ってられないような感じでした。そらそうだー。

コマロを預けられてほんっっっとによかったーーーーー。

 

そして寝返り。4ヶ月で始めてしまいました。

コマロからの危害から本能的に逃げようとしてるんだなあと…笑

前から予兆はあったんですが、4ヶ月と2日目、オムツを片付けたりしていたら、仰向けに寝ていたはずのコマチがうつ伏せで待っているのを発見。

3日目、寝返りの現場を目撃。

そこからはもう、仰向けに置いても即寝返り、そして苦しくて泣く、という無限ループです。

 

なので日中はほぼおんぶです。

おんぶしてないと泣くので。

 

泣いていてもある程度はほっとくのですが、あまりにも泣くし、うるさくてこちらもイライラしてきてしまうので、おんぶです。。降ろしたい…

 

 

夜は、別のベッドに寝かすと背中スイッチが発動して全く寝てくれなくなってしまったので、添い寝を始めてしまいました。

夜は無意識の添い乳。

コマチにはしっかりベビーベッドを堪能してもらおうと思ってたのに…

生後4ヶ月で早くもベビーベッドが物置化です。

 

コマロは「これなーに?」期と電車ブームがすんごくて、付き合っていくのがとても大変です。

 

そんな感じですが、毎日必死に戦っております。

離乳食始まるの、憂鬱だー。

神かもしれない

旦那が神かもしれないと思った週末。

 

ただ子どもたちをお風呂に入れてくれただけなんだけどとってもとっても助かった。

ひとりで2人を入れるお風呂、バタバタなんですよねえ。

 

最近は脱衣所にもスチームタイプの電気ストーブを置いて、なんとか子どもたちが冷えないようにとやっていましたが

努力の甲斐も虚しく、2人とも鼻がじゅるじゅるなう。

コマロに至っては咳もコンコンしており…

 

もうすぐコマチの予防接種なので、その時についでに診てもらおうかなあ。なんて。

 

そして今日は、昨日マロは頑張ってくれたので寝かせておいてあげようと思ったのですが、

おもむろに昼ごろ起きてきて、「職場に作業着取りに行くけどコマロも連れて行こうか?」と

2人でおでかけしてきてくれました。

コマロは「ぱぱとぶーぶ!!」とテンションあげ。

しかも帰りに牛乳とホットケーキミックスを買ってきたとお願いしておいたのですが、ちゃんと買ってきてくれました!

 

どうした!どうした!?!?神か!?

 

わたしは2人が出かけている間、お昼寝してしまおう!と、コマチと一緒に横になりましたが、結局ギャン泣きされ30分も寝たかどうか。

 

それでも、その後コマチはまた寝てくれたので、ひとりでスナック菓子パーティーをしました。

久しぶりにたくさん食べれて満足。

 

で、今日は子どもたちを寝かしつけて優雅に湯船に浸かってます。久しぶりー!

昼間頑張ったからか?マロは寝てしまいました。はや。

いつもならイラつくところだけど今日はまあ許してあげよう。

 

 

 

 

母乳の量、ミルクを飲ませることに執着するのをやめてみました。

泣いたらとりあえず乳を咥えさせておけばいいかなという…

足りてるかな?ミルク飲ませようかな?と考える方がストレスで、母乳なら、気分がノっていれば飲んでくれるので、それで良しということにします。

そういう考え方に切り替えたら少し楽になりました。

生理も終わりかけみたいになってきたので、たぶん大丈夫だろうと…思います!

 

 

ふう。久しぶりの優雅なお風呂だったので日記をしたためてみました。

とっっっても眠い。

まだちょっとやる事はあるけど、スッと寝れそうだー。

願わくば、朝までぐっすり眠れますように。

続く母乳拒否

続いてます。終わりません。

 

おととい、ずっと泣き止まず、朝まで続き、ミルクを作ったのに飲まず、さすがにイライラして「うるさいうるさい!」と叫びました。

午前5時。ご近所さんすみません。

でも本当に朝から晩まで、そして朝までずーーーーーーっと泣いてて、抱っこからおろすと激おこだし、寝たいのに寝れなくてぶちぎれ。

 

結局そのまま旦那が仕事に行く準備を始めたら上の子も本格的に覚醒してしまい、仕方なく活動開始。

 

昨日も抱っこしてないと一日中泣いてました。

 

うるさいうるさい!と言いながら抱っこしたり放置して家事したりしてましたが、もうイライラがハンパない。

 

 

年末に生理らしきものがきて、「あぁ戻ったか…」と思ってたら、最近また生理らしき血が出てきて。

これが生理なのかなんなのかはわからないけど、生理だとしたらこのイライラも納得。

 

ぶん投げたくなる気持ちを必死におさえつつ、子ふたりを相手。

下の子にイライラしていると、上の子が「じゃあ代わりに!」とでも言うようにあやしてくれようとしてたりして。

その姿を見て、「あぁイライラしちゃいかんな」とは思うのだけど…

 

もうすぐ4ヶ月。泣き声がどんどんパワフルになっていて、すごく精神的にヤラれる。。

 

授乳してる時のザワザワした変な感じもすごく不快。

母乳が足りてないのか授乳も頻回だし。

ミルクを飲んでくれれば、わたしは休めるし娘はお腹いっぱいになれるじゃん!と思うのに、全く飲まないし。

 

動悸もどんどん酷くなっているし、ストレスで死ぬ病気があるんだとしたら、死期はだいぶ高い気がします。

 

精神的なキャパがなさすぎて、ちょっとのことで余裕がなくなってしまう。

本当に子育て向いてないわと思うと同時に他のママさんたちすげーや。という尊敬が止まりません。

 

とりあえず金曜日。

ワンオペが辛すぎて、週末が楽しみすぎる。。

でも正直、1週間頑張るのですらキツイ。うむむむ。。