読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚に真珠

育児 時々 音楽 と、猫

4ヶ月検診

コマチ コマロ 育児日記

コマチの4ヶ月検診がありました。

 

市の保健センターに出向いての検診です。

 

以前、この市でやったコマロの検診はどうだったかな…?と思い返してみたら、何回思い出しても「ベビーカーは所定の場所に置いておいてください」だったような気がして。

 

今のコマロを歩きで連れて、コマチの検診は無理だな、と判断。マロに懇願して仕事を休んでもらいました。これがスーパー英断!

 

コマロの咳と鼻が酷かったので、午前中は小児科へ。

コマチも鼻をビョンビョン出してたので念のため診せに行きました。

いつもはギャンギャン泣いて、コマチ抱っこしながらコマロも抱っこしアタフタですが、

マロがコマロを担当してくれたので、楽ー!!!

 

コマロは呼吸音がゴロゴロいってるとの事で薬をもらいました。

 

急いで帰って、急いでお昼ご飯を食べて、コマロをマロにお願いして、急いで保健センターへ。

 

受付開始12時半、ぴったりくらいに行きましたが溢れる赤ちゃん、そしてそのママ!

 

どのくらいで終わるかなー、まあ預けてきてるしいっかー。のんびりでも。

 

なんて思ってたら、終わって出てきたのは15時半でした。ひえー!

コマロ連れて行かなくてよかった…預けられてよかった…と心底思いました。

 

まず、保健師さんと事前に記入したアンケートを基に面談。

結構ストレス感じてる風に書いたのに、「お母さん楽しそうに子育てしてるわね!」なんて言われてスルー。あ、そんなもんです??笑

 

次に、服を脱がせてきれいなオムツを履かせ、体重、身長、頭囲、胸囲の測定。服を脱がせる時点でみーんなギャン泣き。コマチは落ち着いてキョロキョロ。測定も泣かず。えらい!

 

そしてそこからバスタオルにくるまれ、先生の問診。数日前からできるようになった(なってしまった)寝返りを華麗に披露。「お!お母さん何かスポーツやらせた方がいいよ!」と言われる。ここでもみんな泣いてる中、泣かず。

 

服を着せて、離乳食講座。

そして最後に絵本を2冊もらって終了。

 

たったこれだけなのに3時間!

ひとつひとつの待ち時間がハンパなくて、もうちょっと手際よくできないのかなぁ…と思ってしまいました。

コマロの4ヶ月検診は実家の方でやったけど、その時はどうだったんだろう。。覚えてないなあ。

でも、それにしたって、ひとつ行程が進むごとに待たされ、待たされで、

上の子を連れてきている人もちらほらいたけど、待ってられないような感じでした。そらそうだー。

コマロを預けられてほんっっっとによかったーーーーー。

 

そして寝返り。4ヶ月で始めてしまいました。

コマロからの危害から本能的に逃げようとしてるんだなあと…笑

前から予兆はあったんですが、4ヶ月と2日目、オムツを片付けたりしていたら、仰向けに寝ていたはずのコマチがうつ伏せで待っているのを発見。

3日目、寝返りの現場を目撃。

そこからはもう、仰向けに置いても即寝返り、そして苦しくて泣く、という無限ループです。

 

なので日中はほぼおんぶです。

おんぶしてないと泣くので。

 

泣いていてもある程度はほっとくのですが、あまりにも泣くし、うるさくてこちらもイライラしてきてしまうので、おんぶです。。降ろしたい…

 

 

夜は、別のベッドに寝かすと背中スイッチが発動して全く寝てくれなくなってしまったので、添い寝を始めてしまいました。

夜は無意識の添い乳。

コマチにはしっかりベビーベッドを堪能してもらおうと思ってたのに…

生後4ヶ月で早くもベビーベッドが物置化です。

 

コマロは「これなーに?」期と電車ブームがすんごくて、付き合っていくのがとても大変です。

 

そんな感じですが、毎日必死に戦っております。

離乳食始まるの、憂鬱だー。