読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚に真珠

育児 時々 音楽 と、猫

日曜日の公園

床上げまで仕事を休んでくれるはずだった母がガンガン仕事に行き始めました。

休むよと言ってくれていても結局こうなることは最初からわかりきっていたので、「産んだら自宅に帰りたい」と申し出たところ、「休むからいてくれ」と言われたのに、これです。

 

次の金曜には1ヶ月検診で、マロも仕事が忙しく次の週末まではこちらに来れない事もあり、諦めてあと1週間は実家に寄生しようと思ってますが、、、

は、、早く帰りたい……

 

本当なら昼過ぎにコマロをお昼寝させて、コマチも寝かせ、わたしも昼寝したいところなのだけど、

実家にいると?体力がついてきたから??なかなか寝付いてくれない暴君コマロを大人しくさせるために、

生後間もないコマチを連れて、児童ホームへ行ったり、公園に行ったり…(可哀想と思いつつも、2人目は仕方ない…よね?💦)

 

今日はおばとハトコに誘われて、日曜午前中の公園へ。

 

f:id:saladmar:20161016174631j:image

 

一瞬で砂だらけ!!

そして走り回って遊びまくって楽しそうでした。

 

気付いたらコマチのおっぱいの時間になっていて、遊びたがるコマロを無理やりバギーに乗せてベンチでコマチの授乳…

しながら気づく。

外に遊びに行くのはいいけど、途中でおっぱいの時間になったとき、その間コマロは大人しく待ってられないな…と。

ベビーカーに乗せて横で待っててもらうしかないけど、やだ!おりたい!って泣き喚きそうだなあ、と。

 

まあ何時間も、わたし1人でふたりを連れて外に行く事なんてそんなにないだろうけど、、

出かけるタイミングを今まで以上に考えないといけないなと実感。

 

 

そして公園で驚いたことがひとつ。

30代くらいのお母さんに連れられた、2〜3歳の女の子がきていて。

年齢も近そうなこともあり、なんとなく子どもたちが一緒に遊び始めたので、おばと2人で、ハトコとコマロを注意してみていたんですが。

その女の子のお母さん…ずっっっっと携帯をいじっていて、自分の子どもの事を全く見ていない。。

決して意地悪してきたとか、危ないことをしていたとかではないんだけれど、

すべり台で子どもたち3人がきゃはきゃは言いながら遊んでる間も全くのノールック!

わたしたちが砂場の方に移動して、女の子もついてきて…って時もノールック!!

ずぅーーーーーーーーーーーーーーーーっと携帯をスッスッス。

 

わたしも、コマロを連れてどこかへ行くとき、写真撮ったりそれを旦那に送ったり、たまに携帯いじったりするけど。

それでも基本、目線はコマロで、危ないことをしないか、お友達とトラブったりしないか、見ているし、他のお母さんも基本はそう。

 

公園でその親子と出会って、わたしたちが公園を後にするまで、そのお母さんはずっと携帯をいじっていて、「噂には聞いたことあるけど、そういうお母さんって本当にいるんだ…」と驚いてしまいました。

 

お昼近くなって、小学生たちが集まり始めたのでちびたちはお暇。帰りたがらなくて大変だったけれど。笑

 

帰り道、おばに、「さっきの女の子のお母さんさ…」と話したら、おばも同じことを思っていたらしく、「アレはダメだよねーーーーー!!!」と盛り上がりました。

 

わたしも、完璧な母親ではないと思うけど、「そりゃないよ」っていうお母さんにはならないように頑張りたいなあと…

申し訳ないけどそう思ってしまいました。

気をつけないとっっ